ミッドランドが目指すもの

VISION

理 念

各自が一流の仕事をし、天下無双の事務所を実現する。

一流の仕事…何となくの理解ではなく、しっかりとした定義を設けています。それは、本当の意味でお客様に喜んでいただける仕事であり、「感動(満足)」と「(相互)感謝」が伴うもの。つまり、「お客様のために」という思いがなければ、到底なし得ないということです。

「名を汚さない。失敗をしない。一流の仕事で信頼を高め、ブランド力を強化する」とHPでも記載の通り、私たちは職業専門家に徹することでこれらを実現していきます。
そこには「徹底」以外の秘訣はありません。「徹底」とは、「気配り、熟知、確認」「予測、記録、検証」そして、「模索、提案、コミュニケーション」。もちろん、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)もご多分に漏れず必要です。

多くの失敗は、この「徹底」を怠ることによって生じます。もし「失敗を恐れて挑戦しない」という姿勢で業務を行えば、それは「徹底」を怠る「志」がない、ということですね。それでは良い仕事はできませんし、面白くありません。
理想へと向かう道は、「志」を同じくする者のみが共に歩むべき道なのです。

ミッション

会計事務所とテクノロジー。さらには〇〇〇×テクノロジーの推進。

会計事務所というと、どうも堅苦しくイメージされがちです。当社はそのイメージを一新したいと考え、会計事務所×テクノロジーを推し進めています。テクノロジーを敬遠する会計事務所も少なくありません。ここで言うテクノロジーとは、AI、ブロックチェーン、OCR、SFA、セキュリティ、RPAなどの先進技術です。これらの技術は「未来のモノ」だと思っている方も多いですが、当社では既に業務の中に存在しています。計算速度を考えた場合に、算盤よりも電卓やパソコンが選ばれたように、それらの先進技術は今の時代の当然の選択肢であり、クライアントや地域のためにベストのものが選ばれるべきだと思います。

「人とテクノロジーを融合すること」、そして「テクノロジーを使うと、私たちができると思っている以上のことができる」と信じることは、クライアントにベストなサービスを提供するために必要なことです。


今後の採用方針

ロジカルシンキングと、自ら動いて自分のものにしてきた経験・スキルに注目!

おもしろくない事をおもしろくできる知性と、おもしろいことに没頭できる情熱、そんな方を求めています。さらに、紆余曲折を経てきた様々な経験を持っている方、物事に対して思い切って決意・決断ができる方も魅力的に映ります。異業種の経験やスキルでも、しっかりと“自分のもの”にしていることを重要視しています。

受け入れるこちらとしても常に最高のパフォーマンスを出せるような環境に注力し、その人に合った働き方を採用していくべきだと考えています。例えば、それぞれに合った出社時間、勤務時間、退社時間を設定してみるのも効率的なのでは…そんな試みも今後進めていければより良い職場となっていくはずです。
「多様性」と「共存共栄」を会社のキーワードにし、能力やパラメーターの偏りは組織力やテクノロジーで補完していくことで、得意なこと、好きなことなど自分が没頭したい・極めていきたい分野での活躍ができる場を提供したいと考えています。社歴が浅くても、今までの経験やスキルが活かせる方であれば、重要なポストに就くことも可能ですよ。また、テクノロジーについて今まで苦手に思っていた方も、当社にこればきっと「こんなに簡単なのか!?」と思っていただけるはず。お気軽にお問い合わせください。