税務・会計とは!?

「君が頼りだ」。クライアントである経営者が最も相談しやすい存在。


1

お客様の会計資料をお預かりし、会計ソフトへの入力やお客様が入力したものをチェック、各種書類作成が基本となります。試算表の作成も重要な業務のひとつ。入社後、まずは仕訳代行からスタートです。巡回(クライアントの記帳処理が正しく行われているかの確認や、アドバイスすること)担当者の仕事がひと通りできるのがベストです。当社のクライアントの多くが中小企業様で、税務・会計を重視する企業や社長がほとんどです。丁寧に相手の立場になって物事を進めていくことを大切にしています。

2

クライアント先訪問と業務報告を行います。月単位での売上などの数字、会計データのチェックを実施。決算時期のみに訪問するのではなく、定期的に報告することを徹底しています。クライアントが自社の実状や、問題点を把握し、改善していけるようにデータを解析し、課題を明確にすることも私達の大切な仕事のひとつです。さらに決算時期には決算書の報告も。日々の業務を通して税法を極めていくことも職員に求めていきたいところです。


3

その他、給与計算、税務調査立会い、登記業務が発生すれば司法書士への取次、社会保険の業務を社会保険労務士に繋ぐことも仕事のひとつ。つまりは、中小企業の社長が感じる煩雑な作業全般の相談に応じることこそ、私たち会計事務所の最大の役割です。加えて、各種保険の取次、不動産の紹介なども行っています。これまでにやったことしかやらないのではなく、やれるかな?と思えて、クライアントのためになることを提案していけるようになりましょう。

4

巡回監査に関する業務を一通り経験した後には、個々の適性に合わせ専門性を持ってもらいます。各種税目や業種、企業のステージ(創業・継承など)によってそれぞれの専門性へと分岐してきます。それぞれに特化した職員が在籍するのがミッドランドの特徴のひとつ。個々人の特性に従って、自身の得意な分野をひたすら極めていくことも可能です。