応募する

様々な業界知識を持つ、ミッドランドのバランサー。

Interview Contents

今これを読んでくれているあなたは、この業界にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
アカデミックで踏襲的な業界だと感じているでしょうか?知識や資格がないと勤まらないと思っていますか?税理士法人といっても事務所によってさまざま。特色や得意な分野、そこで個人に求められるスペックも大きく異なります。今回実際に管理者として勤める牛山さんにお話をお伺いしました。牛山さんもまた様々な経歴を持ちながら、転職していらっしゃったうちの1人です。業界イメージや実際にミッドランド税理士法人に入社した後の働くイメージができるよう、現場で働く生の声をお届けします。


Profile

牛山 真志

T丸の内支店 支店長
税理士・公認会計士・気象予報士・freee認定 経理コンサルタント・freee認定 会計スペシャリスト

好奇心旺盛で、何事も自分のものに習得してしまう強靭なバイタリティを持つ。1999年からこの業界のキャリアをスタート。監査法人に4年ほど勤めた後、学生時代に進路先として一度検討した気象予報士の仕事に就く。その後は中小企業や上場企業にて、経理及び監査法人対応を経験し、2015年に当社へ入社。さまざまな業界業種の社内環境や働くスタイルを体験してきた故に、当社では事務所を飛び越え、業界全体が働きやすくなるよう環境の改善に力を入れている。


様々な経験を持つ牛山さんにとってミッドランドはどのような職場ですか?

個々の能力を見極め、その能力が最大限に引き出される環境を用意してくれる職場です。もちろん、受け身ではいけませんが、個々人の頑張りや結果をしっかり評価し、それに相応しい仕事やポジションを任せてもらえるのです。私自身、2015年に入社し、それから8ヶ月間、豊田店に職員として勤務。その後、2016年4月に丸の内支店の支店長に任命されました。支店立ち上げのメンバーとして「基盤をつくって大きくして欲しい」と責任ある役割を任せていただけたことに、驚きと共に大きなやりがいを感じました。私だけでなく当社で働く職員は、ひとりひとりが自分の個性を活かして働いています。あなたの今までの経験を思う存分発揮してください。それがミッドランドの成長に直結すると考えています。

支店長として、またお客様の担当をするプレイイングマネージャーとして部下の教育はどのように行っていますか?

その方の「人となり」を尊重したいと思います。積み重ねてきた経験がその人らしさとなってにじみ出ますよね。その方の個性をどう引き出していくかを常に考えています。物事に対する考え方や問題解決の方法は人それぞれ。正解はありません。常識的であってほしいですが、枠にはとらわれないでほしい。従来のやり方を押し付けるのではなく、「らしさ」を活かしたスタイルで新しい道を切り開いてほしいです。だから、採用する際も未経験や異業種の方でも積極的に受け入れています。意欲的であれば不安に思うことはありません。

業務を行う上で、必要なスキルはありますか?

何よりも重要なのは、コミュニケーション能力ですね。私たちの仕事は「人」があってこそ。
何事にも対人業務が付いて回ります。ただ、高いコミュニケーション能力は求めてはいません。場を盛り上げたり、親しくなることが目的ではなく、相手の考えていることを正しく理解できることが何よりも大事です。また、論理的な思考力も備わっている方だと、なお良いのではないかと思います。道筋やゴールが見えていないのに、とりあえずやってみるという瞬発的な行動力よりは、いかにイメージに近い着地が出来るかという、計画的で論理的な思考力も必要です。

入社後にはどのようなキャリアパスがありますか?

希望に応じたキャリアの形成が可能です。たとえば、税務会計を突き詰めていくのもひとつ。ほかには、当社独自の経営者の取り組む経営課題の解決を支援する、MAS(=マネージメント・アドバイザリー・サービス)業務へと業務範囲を拡張してくこともできます。巡回監査から経営コンサルの道に進んだり、特殊領域の専門性を高めていくなど。やる気さえあれば、さまざまな道が開けます。

牛山さん自身もミッドランドに転職した経歴をお持ちですがですが、入社前後での印象の変化は?

まずは事業展開の幅広さですね。基幹となる税務会計以外にも、経営支援や資産運用、労務など様々な領域へ展開しており、それぞれが思ったよりも本格的なんです。中でも自社のカフェ経営にはその手があったかと驚きましたね。飲食業のコンサルティングから蓄積された、さまざまなデータをより実践的に活用しようと経営に乗り出した、当社の新しい挑戦を間近で体感することができました。その他にも、企業の防衛としての保険商品や、資産活用としての投資商品などの提案が入社前にイメージしていたよりも活発でした。これらは、お客様のことを考え、丁寧にヒアリングを繰り返しているからできる仕事です。事務所全体での活動は、私自身としてもいい刺激になっています。

では、最後にミッドランドに入社される未来の職員に向けてメッセージを。

本当に自由度の高い事務所であり、可能性は無限大です。でも道しるべがないわけではありません。従来のレールも踏襲しながら、新しい取り組みを行っていく。同じことを毎日やるなんてつまらないじゃないですか。代表の河合も積極的に意見を採用してくれますよ。限界のない挑戦が出来るのが当社の魅力です。また、あなたの頑張りは給与やポストでしっかり還元していきます。人間としての経験値を見てくれるので、やりがいのある事務所ですよ。私たちとミッドランドで新しい一歩を踏み出しませんか?